ダイエットには食事の減量がとても大事です。毎日の食生活を見直すことでダイエットを行って健康や美容に役立てたい人が多いようですが、まず手をつけるべきことは食事です。ダイエットをする人はたいてい、食事の分量を減らすことで体重の減量に期待しているとされています。食事を抜いてしまうような減量方法では、体に負担をかけやすく、健康的なダイエットとは言えません。食事量を減らすダイエットはリバウンドの原因になりがちです。

結果的に体重がこれまで以上に多くなってしまい人もいます。減量とは、カロリー摂取量が減りさえすればいいというものではありません。生命維持に必要な栄養成分は確保し、健康に配慮した食材選びや量を目指しましょう。食事を抜いたり、大幅に量を減らすような減量は、ダイエットとしては不適格な方法です。食事制限によるダイエットによって、短期間で減量しようと思うと栄養のバランスが崩れることは避けられません。

あまりおすすめできる減量方法ではありません。どれだけ急いで体重を減らしたいという状況でも、体のことを考えるならば減量のペースは月に1~2㎏に抑えましょう。リバウンド防止にもなります。一度ぶんの食事の代わりにダイエット食や低カロリーの単品の食事をする方法は、減量効果が早くでることもあり、盛んに行われています。リバウンド発生の観点から考えると、食事の置き換えによる減量はダイエット後の反動が大きく、おすすめではない方法です。